そらをつつむ種の布 

日々の暮らし。 日々の制作。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
目飛び補修はなるべくね… :: 2011/09/01(Thu)

糸を紡いで、経糸(たていと)を張り織り始めます。。。

トン…トン…と、織り進めていくと…
「ん~~~~やっぱり、このコ(紡いだ糸)はぁ~★」と、
いつもより、ちょっと気を入れて織り進めないといけない時があります。

いつもの織りも、気を配りながら織りますが、一段とです!

今回のこのコ、タテしまのコ…
毛足の長いコで、少々太めに、厚い布地用に紡いだのです。
そうすると、
経糸同士が、足を踏みかえるごとに、どこかしらが絡み合いやすい。。。
経糸が絡み合って、そのまま気づかずに織ると、
目が飛んだ状態に織り上がります。
(柄を織るのは、この目が飛ぶ原理を利用してするのです)

なんとなく、お互いに絡み合いそうな事は分かっていたので、
気をつけて気をつけて織っていても。。。
やっぱり、数ヶ所飛んでいましたぁ~~~★☆★

画像中央の、こんな感じです!
見事に飛んでますね(汗)
で、このままではダメですから、補修をします~~~☆
針に、同じ糸を通し、飛んでしまった糸は切りその部分を
織りの組織通りに(コレは平織り)手で刺していきます。
どこでしょう?!?
画像中央の針先が、補修した後です。
補修したらどこか全く分からないでしょ!
ましてや縮絨したらネ♪

でもでも、この補修…
結構手間がかかる…
補修しないでいいように、目が飛ぶことがないのが一番よ~~~~♪

  1. 制作
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<足で格闘! | top | タテしま>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiirogumi.blog115.fc2.com/tb.php/431-c1d5eaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。