そらをつつむ種の布 

日々の暮らし。 日々の制作。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
フジコ・ヘミング :: 2013/04/05(Fri)

昨日は周南市文化会館に。。。
「フジコ・ヘミング ~ピアノリサイタル2013~」へ行ってきました。

彼女の生ピアノは初めて聴きます。
客席のライトが少し落ち、
舞台そでから独特の歩みで、彼女が出てきたんですが…
会場がざわめく・・・・・
彼女自体の存在感もだけど、ドレスが凄くって・・・・・・
普通の人は着こなせない…
怖いくらいの独特の雰囲気~~~~

イスを覆い隠しドカリっと座る。
一曲弾き終わり、
「プログラムがちょっと変ってしまって…」とマイクで少ししゃべられた後は、
1部は演奏を通しで終えた!
感動!!!!
シューマンのトロイメライから、
ムソルグスキープロムナード第1~5キエフの大門までを、通しで演奏。

スゴイ集中力と、体力!!!!!!!!!!

2部はショパンではじまり、
最後はリストの、あの!「ラ・カンパネラ」
その後、アンコールはた~っぷり2曲も♪

おなじみの曲目たくさんあれど、
今まで聴いた事のないような~~~~
それはそれは、不思議なぁ~素敵なぁ~独特なぁ~
彼女のピアノ演奏を聴いた!!!
会場が彼女の空気に圧倒された感のあるリサイタルだった。

途中、
「館長さんから衣装の説明を…と言われたから…」と、ボソリボソリと説明。。。
2部での着物が使われているスカートを少し広げ、
「コレは子供の着物。むかーーーーし3万円で買ったの…それに手を入れて…」
「で、1部のドレスは1800年代の物…ショパンと同じ時代…」と・・・・・・

ドレスのオドロオドロらしさ?に納得!
そのドレスに負けない、彼女の演奏と、威圧さえ感じる空気を、
私は客席で楽しんだ。

旦那さんは・・・・?!?
会場に昼から詰めて、ピアノの調律☆
私が文化会館の駐車場に車をのん気に入れる頃、
「調律終了。高音あたりがきになるが、フジコさんからも『大丈夫』をもらう」とメール。
1部終了しての休憩で旦那さんに会いましたが、
「緊張する」と演奏終了まで、自分が調律をしたときは気が抜けない仕事。。。

お疲れさまです&これからも頑張れ!!!

  1. あった事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<晴耕雨猫? | top | 草・花盛り♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aiirogumi.blog115.fc2.com/tb.php/576-c9dcaab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。